Rowing2.0 明るく楽しく激しい日々

瀬田漕艇倶楽部における、トレーニングを中心とした活動の記録です。

1年振りにレースに出ました。




2本漕いだけれども、展開はともに予想どおり。


スタート5本でちょっと出て、すぐにコンスタントに落とすのでじりじり追い付かれ、追い抜かれ、ヘロヘロでゴールする。





そんなみっともない展開であっても、他艇と並べ、競る感覚というのは楽しいものです。


若い学生には、簡単には負けられない。


ちっぽけなプライドが燻ります。





今年は、せめて週に1回くらいは水上に出られるよう努めたいところです。







やまざき

長かった冬が過ぎ、春の香も束の間、汗ばむ季節になりました。






昨日、朝日レガッタの最終日の観戦に向かいました。



瀬田ロー会員の顔ぶれも、だいぶ変わった様子。

年に何回かは、艇庫に足を運ばないといけませんね。




天真爛漫な3歳児と遊び、たくさん元気を頂戴しました。



なにより、M4+の勝利への執念が見事でした。






ボートの大会が、私にとっての季節感の最たるものなのかなあ。不意にそう思いました。

日焼け止めしっかり塗らないと。







やまざき

嗚呼、なんだかだるいなあ。



漕がない休日という選択肢もあります。

しかし、お花見レガッタまでもう2ヶ月を切ったわけで。




スタート練習をしました。

逆風のせいか、レートが上がらない。

いや、風のせいにしてはいけない。




いつになく頭の冴えない水上でした。






やまざき

このページのトップヘ