Rowing2.0 明るく楽しく激しい日々

瀬田漕艇倶楽部における、トレーニングを中心とした活動の記録です。

2012年08月

昨日は愛知県でクラブ選手権、今は東京でこの記事をUPしています。

クラブ選手権では、中高生&内Dコーチの4×+のコックス、青年の部1×に出場しました。
4×+は参加団体が少ないため、残念ながらライバル不在のレースとなりましたが、中高生達はクオドの艇速や内DさんのレースUPの心得などを体感する事ができたので、来週の県ジュニア大会に向けて、得られる物があったのではないでしょうか。

さて、私の1×ですが、レースは壮年の部1×に出場されるK代表との一騎打ちで行われました。
序盤は体重の軽さもあってか、私が飛び出すことが出来ました。
今回は軽量なレース艇を使用させて頂いているので、この辺りは狙い通りです。
体力的には1000m保つかギリギリのところ、出来れば相手と競り合って好タイムを狙うつもりでしたが、500m付近でK代表がまさかの転覆!
後半はモチベーションを維持するのが困難でしたが、何とか4分を切る事が出来ました。
来年からは壮年の部になるので、青年の部での最後のレースとしては上々の結果でしょう。
この手応えをキープして、秋のヘッドまで突っ走ります。

日曜日にエルゴでお尻の皮が剥けたのですが、ようやく漕げるようになったので、昨日今日と二日続けての乗艇です。
普段の乗艇では専らトレーニングスカルを利用しています。
他人からは、「他の軽い艇に乗らないの?」と言われる事もありますが、狙いとしては、その重さ故に艇を動かす感覚がダイレクトに感じれる事と筋力トレーニングを兼ねてのチョイスです。
重たい艇で練習すると、艇速の変化に敏感になるような気がします。
最近ではチューブを取り付けて乗艇するトレーニングが流行っているようですが、重たい艇で練習してみるのもまた一興かと思います。

どんなに頑張ってもあの重さには慣れませんが、負荷に耐えられる身体は出来つつあります。
クラブ選手権ではとびきり軽い艇を使う予定なので、どこまで艇速が上げられるか今から楽しみです。

今週は試験が終わったことで、十分にトレーニングに割ける時間があったのですが、イマイチ集中した練習ができませんでした。
内容は相変わらずパワーローが中心ですが、出力は7月から横ばいで、次のレベルに上がるための今後の具体的な取り組みが見えてきません。

女子柔道の金メダリスト・松本選手の試合中における闘志むき出しの貌と、普段の天然系の笑顔のギャップには驚かされます。
あの笑顔から察するに彼女の金メダルは、日頃の前向きで直向な努力と、勝負に賭ける一瞬の集中力がもたらしたものではないでしょうか。
仕事とプライベートの切り替えは言うまでも無く、それぞれの活動でも「攻め」と「守り」の切り替えも必要だと最近は考えるようになりました。

8月のクラブ選手権、11月のHOSに向けて来週は「攻め」の姿勢でトレーニングに取り組んでみます。

ここ最近記録を残せていなかったのでまとめて記します。
本当に行き当たりばったり中途半端で、ただただ恥ずかしいやら情けないやら…。
やはり何事も継続的なこまめな練習が大切です。間隔を空けず、練習量を確保したいものです。
特に平日の運動量の確保です!

7/18 夜エルゴ8000m
7/21 1×15km
7/22 エルゴ4000m×3
7/25 フットサル6分on×10本 服が水着状態に。
7/28 朝1×14km、夕エルゴ10.5km
7/29 1×10km、ウェイト 夏なのでTシャツが嫌で嫌で。みんなが気にしてないのわかっても体が情けない状態イライラして切り上げてウェイトで気晴らし。
8/1  夜エルゴ4000m×2、計8km。

毎日暑いけど、頑張りたいものにしっかり向き合えるいい夏にしていこう!

このページのトップヘ