Rowing2.0 明るく楽しく激しい日々

瀬田漕艇倶楽部における、トレーニングを中心とした活動の記録です。

2013年07月

今年の全日本選手権は10月開催だそうです。最近はシーズンが長くなりました。5月から10月までの6ヶ月間、調子をキープするのは困難でしょう。
8月くらいは遊べるかと思いきや、大学生はインカレがあるのでストイックな夏休みを過ごす事でしょう。

長すぎるシーズンに疑問を持つ所もありますが、逆に前半で出遅れても、全日本選手権に照準を合わせて準備が出来るのはアリです。最近クラブに大学生が増えてきましたが、来年と言わず、シーズン後半戦はどんどん大きな大会に挑んでもらいたいところです。

スカルを乗りに艇庫へ行きました。

正確には、石山駅の駐輪場の定期更新をするついでに艇庫へ行きました。



水上に浮かぶのは、いいものですね。



K大さんの新人と思われるクルーが必死に漕いでいました。

私にもあんながむしゃらな時期があったっけ。。




すれ違った瀬田ローのクルーが、「山崎じゃないか、久しぶり!」と声をかけてくださいました。

どうやら、たった2カ月の間に私はレアキャラになってしまったようです(苦笑)


再来週あたりからは、京都レガッタに向けてぼちぼち艇庫へ行けるかと思います。




降艇後、瀬田RCのモーターのエンジンに漂流していたゴミが絡まってしまったようで、取り除くのを手伝いました。

きれいな水域であってほしいですね。


ちなみに、8年前私がボートを始めたとき、当時の私のホームであった佐鳴湖は日本一汚い湖でした。







やまざき

普段はローイングの動きでトレーニングができないため、runやbikeで体力をキープしています。毎週、runで最低でも21kmをノルマにしているのですが、今週は土曜日が出勤日なので、走り溜めができません。ということで、今週は平日に3回に分けて6kmずつ走りました。 
週末だけより、平日も続けて体を動かした方が、体が軽く感じられて調子が良い気がします。
最近では、4分30秒/kmのペースで走る感覚が漸く戻ってきました。しかし、今までrunとbikeは明確に目標を持たずにやってきたので、そろそろ大会や記録を狙わないと、モチベーションを維持するのが難しくなってきました。 

連休中は熱気も吹き飛ぶような豪雨でした。
日曜日は雷注意報が出ていたので乗艇は回避してエルゴで10km。
月曜日は1×で12km。

最近はローイングスーツで乗艇する事がなくなりました。
というより、気がついたら手元にはレース用の1着しかありません。 
毎日練習していた頃は、買ったり貰ったりで10着程は常にあったのですが、みんな色々な人の元へ 旅立っていきました。
願わくば、アレを着て漕いでくれている人が一人でもいる事をと、祈ります。

そんな状態なので、毎回Tシャツに海パンという、ボート選手としては邪道ないでたちですが、やっている事が気ままなローイングなので、これくらいの方が今の自分には合っているのかもしれませんね。 

ときどき、オーストラリアのNSRCのスーさんとメールをします。

文通のような、お世話になったお礼のような。



先月、スーさんとジェフさんはストックホルムに長期滞在してrowingされたそうです。

ちょっぴりうらやましい生き方です。

でも、私には一生真似できないだろうと思います。



そして、瀬田ローのマスターズのみなさんは限りなく欧米志向だと改めて感じます。





夏になって、スポーツ中の熱中症のニュースを度々耳にします。

この国の部活動は、未だに精神論というのか、根性論というのか…。。








やまざき

このページのトップヘ