Rowing2.0 明るく楽しく激しい日々

瀬田漕艇倶楽部における、トレーニングを中心とした活動の記録です。

2013年10月

曇天のなか、少し埃の積りかけた愛艇で漕ぎ出しました。

20㎞の小旅行、これからだんだんと川沿いが赤く染まってゆくんだろうなぁと、思いを馳せていました。



コースに戻ってくると、湖岸を散歩する園児たちがいました。

せっかく風光明媚な地に生まれた子たちなのですから、その土地を愛していってほしいですね。




さてさて、私は先日まで小児科で実習でした。

母から子への「無償の」愛というものに、心を打たれました。





暗い話題に取り巻かれているここ最近のボート界ではあります。

しかし、「このスポーツが好きなのです。」と、私は胸を張ってこの空の上で応援してくれているであろう人に伝えたいと思います。










やまざき

引越しして、転職して2ヶ月が経ちました。
ようやく落ち着いてトレーニングができる環境が出来つつあります。

今日は休みだったのですが、台風の影響の雨で何処に出かける気も起きなかったので、レインウェアを着て桜ノ宮までジョギングに行きました。
さすがに乗艇しているチームはありませんでしたが、艇庫がある景色を見るのは久しぶりで気持ちが昂ぶりました。

ここでボートを漕いでいる自分の姿は想像できませんが、晴れて大阪市民になったので、来年のシティレガッタには参戦したいですね。 

IMAG1040



NHKで全日本選手権の放送がありました。


そういえば、高校時代は練習後の艇庫に残って、当時の全日本選手権を録画したビデオを見ていたものでした。




明日は乗艇しに行きたかったのですが、課題が全然終わらず行けません。。






やまざき

今宵は府内の某所で、かつてのボート関係の知人と飲みに行っておりました。



現在の生活の話、仕事関係の話、学生生活の話、その他諸々をしていました。


気づいたのですが、知人にとってボートとはもはや過去の話なのであり、昔話なのでありました。

話したいのは、別のこと。


曲がりなりにも、まだ私はボートと首の皮一枚繋がっているのですね。



さて、しばらく私は実習期間に入りますが、週に一度くらいは艇庫に足を伸ばせるよう頑張ります。







やまざき

このページのトップヘ