Rowing2.0 明るく楽しく激しい日々

瀬田漕艇倶楽部における、トレーニングを中心とした活動の記録です。

2014年01月

一月もいよいと終わりです。
今月は自転車は800kmほど乗りましたが、スイムの方は全く練習できていませんでした。

今日は休日というのに雨模様。という事でこれは天佑と思い、真昼間からプールに繰り出しました。

久しぶりでしたが、45分休まずに泳ぎきる事ができました。考え事をしていたら、一度思いっきりプールサイドに頭から突っ込んで、頭突きをしてしまいました。
まだ少し痛いです。

気分や体調、そして気候によってトレーニングする種目を選ぶ事が出来るのはトライアスロンの魅力です。 

IMAG1228




日が長くなってきました。

水上に出るのは、冬よりも夏、夏よりも春のほうが好きです。




昼前、川を下っていると、トランペットの音色が聞こえてきました。

「風流だなぁ。」心の声が感嘆しているのがわかりました。











やまざき

仕事が引ける時間が遅いので、必然的にトレーニングをする時間も遅くなっています。
最近は日付が変わるか変わらないかの時間からrunに出かける事もあります。
さくっと寝て、翌日の早朝にやればいいのに・・・どうにも汗をかかずにご飯を食べて寝る事に罪悪感を覚える性質なのです。

今年からはいよいよ、トライアスロンの選手登録をします。
クラブでは水面下で自転車の実業団登録も進めています。
JARAの選手登録をしなくなってから久しいですが、選手という響きに興奮と懐かしさを覚えます。 

エルゴ大会でした。




会場は、人で溢れていました。

それを迎える瀬田RC人員は、少ないようにも見えました。




ボート人口の年齢分布には2つの山があるのかな、係の仕事をしながら思いました。




来年も、スタッフをやりに行こうと思います。
論文に追われていなければ。。

エントリーはしません。
お金を払ってまでして、もう苦しみを味わいたくはないので。。。








やまざき

IMAG1216


リードされていても、焦らなかったとのことです。

金メダリストの語りには、一言ひとことに重みがありました。



レースのことを思い出すと、幸せになれるそうです。

よき思い出は、心の宝ですね。







やまざき

このページのトップヘ