Rowing2.0 明るく楽しく激しい日々

瀬田漕艇倶楽部における、トレーニングを中心とした活動の記録です。

2014年04月

雨に打たれても乗艇が苦にならない季節になりました。

雨の時のほうが水面が穏やかだとは、よく聞く話です。




南郷を2周漕ぎ終えた後、スタート練習をしてみました。

特段レースに出る予定もないのですが、湖上に浮かぶ発艇台の存在に触発されたのでしょう。


なんとか、レートは43まで出せました。

しかしながら、ブレードの深さは我ながらひどいなあと思いました。



やはり、レースに出る覚悟がないといけないようです。

のむさんへ、お台場レガッタ出るようでしたら、今年もよろしくお願いします。







やまざき





IMAG1378

仕事を終えて、そのままの足でスポーツクラブへ。
泳いで、お風呂に入って、スーパーに寄って帰宅。
最近は上手くこの流れでトレーニングが出来るようになりました。

先週ひいた風邪の影響で咳き込む事もありますが、このペースが維持できれば今年の目標は余裕で達成できそうです。
さて、自分の出場する大会へのエントリーはさておき、今年は自転車・トライアスロンだけでなく、クラブのボート競技チームの責任者にもなっているので、いよいよシーズンを迎えるとあって、クラブ員のエントリーも管理しなければなりません。
クラブ員がエントリーする際には、監督名は私の名前を記入します。
野村監督だと野球選手しか思い浮かばないので、自分ではGMと自称しています。
ゼネラルマネージャーです。意味はよくわかりません。
ただのマネージャーではありません。ユニフォームの洗濯もしないし、副キャプテンと恋に落ちたりもしません。 

今日は久しぶりのスイム1時間達成です。
同じコースをグルグル回っているだけなので、実感はありませんが、今日は誰にも追いつかれる事がなかったので、スピードも上がってきている気がします。

トライアスロンはお金のかかるスポーツと言われています。
まずは機材、ロードバイクは最低でも10万円以上、その他ウェアやヘルメットなど大会に出場するに必要な用具を揃えると、総額で20万円程の出費が必要になります。
僕は基本的な装備は既に所有していますが、ウェットスーツだけはこれから準備する必要があります。
 
あとは、大会へのエントリー料が3万円前後の大会が多いです。
ボートの大会に比べると高いように感じますが、水上監視や公道利用などの手間を考えると当然か、少し安いくらいに思います。

これだけの準備をして、恐ろしく苦しい事をやろうとするわけですから、トライアスロンをする人達はきっと普通じゃないはずです(笑) 
僕の予定では、2年後にはアイアンマンディスタンスに出場するのですが、朝から泳いで、自転車で走って、散々疲れた後に、「じゃあ、これからフルマラソン行ってみようか」と言われる訳です。何だかワクワクしてきそうじゃないですか?

IMAG1317



桜色がまばゆい川を下りながら考えました。

はたして、今シーズンはどの大会に出られるだろうか。





気ままに漕ぐのもよいですが、目標があるほうが張り合いも出てくるものです。

ステッキボートにつけたときの不安とドキドキがないまぜになった気持ちが、私をちょっぴり強くしてくれていたのだと思います。








やまざき

前日からの仕事が尾を引いて、結局半日は練習が出来ず。午後は予定があったので、結局練習が出来ず。
機材やウェアは充実してきました一方で、ここしばらくは激務が続いて、体力は落ちる一方です。
しかし、ダンボールが2枚あれば熟睡できるようになったので、人間としては一回り強くなった気がします。
いや、人間社会からは落ちていっている気がします・・・。

そんな事はさておき、今日は久しぶりに実家に泊まります。
桜の宮の桜もたいしたものですが、やはり見慣れた長沢川沿いの桜を見て初めて春の訪れを感じる事ができました。
明日は片道65kmの自転車通勤なので、今日はいつもより早めに寝なければ。

KIMG0099

このページのトップヘ