半年振りに、瀬田川に蹴りだしました。





散りばめられた懐かしさと新しさを、短時間で必死に吸収しようとしていました。


自分が歳をとったことに、若干の戸惑いを感じながら。







やまざき